제목   |  [02/08]“脳に小型機器を埋め込む臨床試験開始” マスク氏の企業 작성일   |  2024-02-01 조회수   |  21462

“脳に小型機器を埋め込む臨床試験開始” マスク氏の企業

 

 

 

 

アメリカの起業家、イーロン・マスク氏は、自身が立ち上げた企業が、患者の脳に小型の機器を埋め込んでコンピューターに直接つなぐ臨床試験を開始したと明らかにしました。体の不自由な人がコンピューターを操作できるようにする技術として注目されています。

これはイーロン・マスク氏が29日、旧ツイッターのXで明らかにしたものです。

 

それによりますと、自身の立ち上げたベンチャー企業「ニューラリンク」は小型の機器を初めて、患者の脳に埋め込んでコンピューターに直接つなぐ臨床試験を28日、開始したということです。

 

マスク氏はどのような患者なのか詳細は明らかにしていません。

 

初期段階では脳の神経細胞からの信号を検出している結果が出ていると説明しています。

 

「ニューラリンク」によりますと、小型の機器は去年、FDA=アメリカ食品医薬品局から臨床試験が承認されたとして、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、ALS=筋萎縮性側索硬化症などの人を対象に参加者の募集が行われていました。

 

脳とコンピューターを直接、つなぐ技術は「ブレイン・コンピューター・インターフェース」などと呼ばれ、体の不自由な人が、考えるだけでコンピューターを操作できるようにすることを目指し、大学や企業で研究が進められています。

 

 

 

 

 

인쇄하기