제목   |  [6/29]理想や理念を掲げたキャッチコピー 작성일   |  2022-06-22 조회수   |  1821

理想や理念を掲げたキャッチコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチコピー 集めました。 - 1〜30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に企業の「コーポレートキャッチコピー」「スローガン」に多いのが、理想や理念を掲げるキャッチコピーです。
企業が何を求め、どんなものを消費者に提供しようとしているのかを表現しています。
多くの場合は、その会社のテレビCMの最後に会社名と共に表示されたり、聞き取りやすく印象の良いナレーションで読み上げられたりすることが多いようです。

 

「おいしいを、ずっと。あたらしいを、もっと」-ケンタッキー・フライドチキン

カーネル・サンダースの創業以来、一貫しておいしさと安全にこだわってきたというケンタッキー・フライドチキン。日本では1970年代の外食元年以来、日本人の身近でおいしい外食・持ち帰りのごちそうとして愛されてきました。日本KFCホールディングス株式会社では「おいしさ、しあわせ創業企業」として、このキャッチコピーをスローガンに掲げています

「自然と健康を科学する」-ツムラ

株式会社ツムラは東京都赤坂に本社がある漢方薬品メーカー。ご存じのように、東洋医学である漢方は、西洋医学とは考え方が大きく違っています。そのため、自然由来の生薬などによって、西洋医学では対応できない「未病」と呼ばれる領域にも強みを持つと言われています。このキャッチコピーでは、漢方に欠かせない自然という言葉を入れつつ、「科学」という言葉で静かに効能の確かさを主張しているのが秀逸です。社名が津村順天堂のころは「漢方を科学する」というキャッチコピーでした。

「やがて、いのちに変わるもの。」-ミツカン

「やがて、いのちに変わるもの。」、実はこのキャッチコピーには、続きがあります。それをミツカンでは「グループビジョン・スローガン」と呼んでおり、「人は泣いています。人は笑っています。」で始まる13行の文章が続くのです。食べ物が人間の一日一日をつくり、そしていのちをつくっている、それを提供しているのがミツカンなのです、という自負がじんわり伝わるキャッチコピーです。

「あったらいいなをカタチにする」-小林製薬

「ナイシトール」「のどぬーる」「チクナイン」など、ユニークな名称の薬が特徴的なのが小林製薬です。創業以来「あったらいいな」を次々に誕生させてきた製薬会社ならではの、個性的なキャッチコピーといえます。現社長の小林豊社長も「熱さまシート」「サワデー」などのヒット商品の開発で会社を引っ張ってきました。開発を成功させる秘訣はとにかくメモをとることで、地震が来ても持って逃げれるように必ず手元に置いて寝るほどだといいます。「あったらいいなをカタチにする」ために、社員にもメモ帳の携帯を強く奨励しているそうです。

「一瞬も一生も美しく」-資生堂

花の命は短い、などというたとえがありますが、人間なら誰しも抱く美への憧れと不安を、わずか9文字ですべて肯定してしまっているのが、このキャッチコピーです。国井美果さんにより生み出されたこのキャッチコピーは、2005年に採用され、今後も使われていくことでしょう。人の美しさを創造するという、資生堂の基本姿勢を示した名作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://business-textbooks.com/catchcopy/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

인쇄하기