제목   |  「若いうちにやっておけばよかった」熟年夫婦が後悔していること第1位とは 작성일   |  2020-07-27 조회수   |  261

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「若いうちにやっておけばよかった」

熟年夫婦が後悔していること第1位とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私って、何て男を見る目がなかったんだろう…」そのように思ってため息をついているアラフィフ主婦、いらっしゃるのではないでしょうか? 

 

男を見る目を養う以外にも、若いうちにやっておけばよかったと感じていることがある人も多いようです。

 

そのような「熟年夫婦が若いうちにやっておけばよかったことランキング」の調査結果が、松井証券株式会社が令和2年6月に発表した「夫婦の家計管理事情に関する調査」にあります。どのような結果なのでしょうか? 

 

若いうちにやっておけばよかったこと1位は?

 

 


1位:資産形成・資産運用(37.6%)
2位:定期的な運動(26.0%)
3位:後悔したものはない(24.7%)
4位:旅行(19.9%)
5位:親孝行(18.7%)

 

 

1位の資産形成について、このようなエピソードがあります。

 

 A子さん夫妻の場合:学資保険に入っていればよかった

 

夫婦ともアラフィフのA子さん夫妻は、旦那は正社員、A子さんはパートではたらく共働き世帯です。高校3年生と高校1年生の息子さんがいます。

 

A子さんは子供が生まれた際、学資保険に入りませんでした。「学資保険に入る代わりに児童手当に手を付けないで貯金しておけばいいや」と思ったからです。学資保険に入らなった理由は、当時お世話になったファイナンシャルプランナーの「学資保険の利回りはよくありませんよ」という言葉を鵜呑みにしたからです。

 

児童手当の振込先は給与振込の口座と別にはしていますが、子供の入学時にお金が入用の時、家計が苦しい時にどうしても手を付けてしまいます。学資保険だったら簡単には手がつけられません。これではまずいと思い長男が小5の時に学資保険に入ろうと思いましたが、保険料が高く入ることを断念せざるを得ませんでした。妹に子供ができた時に「学資保険って入ったほうがいいの?」と聞かれたA子さんは即答で「入ったほうがいい」と答えたそうです。

 

 

資産形成・資産運用はまさに「いつやるの? 今でしょ!」です。子供の教育資金はもちろん、定年目前になって「老後資金どうしよう」と思わずに済むように一刻も早くで資産の洗い出しをして、資金不足の場合は打開策を打つことをお勧めします。

 

 

 

 

 


リンク:https://news.yahoo.co.jp/articles/0fc72fbbe14ec434b9b475ee972b69f5c63ee1dd?page=1

 

 

 

 

 

[単語]

1.アラフィフ:《around fiftyの略》50歳前後の人。
2.鵜呑み(うのみ):物事の真意をよく理解せずに受け入れること。
3.学資保険(がくしほけん):学資の準備のために掛ける保険。教育保険。
4.一刻も早く(いっこくもはやく):ほんのわずかな時間であっても早く実現するように、もっと早く進める、進めて欲しい、といった意味の表現。
5.洗い出し(あらいだし):調べて、隠されていたものを探し出すこと。
6.打開策(だかいさく):苦境を切り開く(打開する)ための方法や計画。

 

 

 

 

인쇄하기