제목   |  「ブラック企業社員」のお助けアプリが誕生 開発したのは22歳金髪大学生、開発のきっかけとは? 작성일   |  2020-07-22 조회수   |  295

 

 

 

 

 

 

 

「ブラック企業社員」のお助けアプリが誕生 開発したのは

22歳金髪大学生、開発のきっかけとは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4人にひとりがブラック企業に勤務


近年、ネット上で話題の「ブラック企業」。連合総研が2019年10月に行った調査によれば、会社員の4人にひとりが「自分の勤務先はブラック企業」と答えたというから驚きです。

 

同調査(第38回勤労者短観調査)は、東京などの首都圏や関西地方に在住し民間企業に勤める20~64歳の男女2000人を対象に、同年10月1~5日にインターネット上で実施。

 

「過去1年間に、職場で何らかの違法状態があった」と認識している人の割合は全体の26.9%。業種別では卸売り・小売業・飲食店・宿泊業(31.4%)や、建設業(31.3%)の値が高く、また従業員の人数規模が小さい企業ほどブラックと認識する人が多い傾向になっています。

 

「違法状態」の具体的な内容は、「支払われるべき残業代の未払い」(15.1%)や「有給休暇の取得不可」(13.4%)、「業務によるケガ・病気を健康保険等で処理するよう指示」(9.2%)など。

 

 いかがでしょうか? あ、これ自分の会社もかも……と思い当たる人が、読者にもいるかもしれません。

 

 そんなブラック企業で働く人たちに向けたスマホ用のアプリを、このたび開発した会社がにあります。

 

 社名はミギナナメウエ、代表は22歳の古鍜冶(こかじ)賢さん。今風の端正な顔立ちに金髪スタイル。現在、青山学院大学(渋谷区渋谷)経済学部の4年に在学中という彼は、なぜそのようなアプリを作ろうと考えたのでしょうか。


 
友人のこぼした愚痴がきっかけに
「自分で人脈を作っていくしかないと思って、異業種交流会のような集まりに1日4件くらい参加しました。たくさんの人に顔と名前を覚えてもらおうと必死です。だんだん、やる気を買ってもらえるようになって、それならと少しずつ仕事をいただけるようになりました」

 

 IT領域のビジネスは今後の成長が見込めそうだと、その分野の独学にも精を出していた頃、同世代の友人や先輩が飲み会でこぼす就活や仕事の愚痴に古鍜冶さんはハッとさせられます

「あの会社だけは、やめておいた方がいいよ。ものすごいブラックだから……」


「仕事が終わる時間が遅過ぎて、これじゃあ恋愛する時間もないよ……」

 

 親しい人たちから次々に聞く「ブラック企業」の実態。自分が想像していた以上に、その問題はとても身近で根深いもののように思えました。

 

 それをきっかけに思いついたのが、ブラック企業で働く男女を対象にした婚活イベント「ブラック企業コン」。

 

・残業時間が月80時間以上

・上司からのパワハラが多い
・有休が取れない

 

などを参加条件に大手イベント会社の主催で開催したところ、想像以上の反響を呼び満員御礼に。

 

 当日の様子は多数のメディアにも取り上げられて、あらためてブラック企業という問題に対する世間の関心の高さを目の当たりにしました。

 

ブラック解決につながるアプリを


好評につき、その後も追加開催されたブラック企業コン。そのイベントなどを通して耳にした、ブラック企業で働く人の悩み、思いが、古鍜冶さんを今回のアプリ開発へと向かわせます。

 

 イベントという、ひとときの癒やしの場だけでなく、根本的な問題解決の一助となるサービスを提供したい――。さまざまな試行錯誤を重ねて2020年7月、アプリ「社畜のシャチくん」を発表するに至りました。

 

 

 

 

リンク:https://news.yahoo.co.jp/articles/b9d5e3b84e4aa78fab64d3eb8e0c02f72911287e?page=1

 

 

 

 

 

 

[単語]

1.ブラック企業:労働条件や就業環境が劣悪で、従業員に過重な負担を強いる企業や法人。
2.アプリ:applicationの略
3.愚痴(ぐち):言ってもしかたのないことを言って嘆くこと。
4.ハッとする:急に思いつく、急に我に返る、驚く。
5.婚活(こんかつ):理想の相手を見つけ、幸せな結婚をするためにさまざまな活動をすること。
6.パワハラ:パワーハラスメント 《(和)power+harassment》職場などで、職務上の地位や人間関係などの優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、相手に精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりする行為。
7.有休(ゆうきゅう):「有給休暇」の略。
8.目の当たり(まのあたり):疑う余地のない事がら。事実。
9.社畜(しゃちく):会社の言いなりになって、つらい仕事でも文句も言わず働いている会社員を、皮肉を込めてからかう語。

 

인쇄하기