제목   |  インド東部に「スーパーサイクロン」上陸、被害に警戒 작성일   |  2020-05-21 조회수   |  190

 

 

 

 

 

インド東部に「スーパーサイクロン」上陸、被害に警戒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド東部に20日夜、近年最強級のサイクロン「アンファン(Amphan)」が上陸した。同国と隣国バングラデシュでは住民数百万人が避難し、祈りをささげた。アンファンは最大瞬間風速約53メートルという猛烈な風を伴っており、広範囲に被害が出る恐れが懸念されている。

 

バングラデシュの赤新月社(Red Crescent)はアンファンの上陸直前、1人の死亡を発表した。亡くなったのはボランティアで、村人たちを避難所に移動させていたところ、ボートが転覆し水死したという。

 

 当局は、サイクロンの被害が予想される進路沿いの低地の住民の避難を急いでいる。バングラデシュでは240万人、インドでは65万人超がすでに安全な場所に移動したとされるが、新型コロナウイルスの感染対策で課された予防措置に従う必要があることから、活動は難航している。

 

 ベンガル湾(Bay of Bengal)で「スーパーサイクロン」が発生するのは、1999年以来初めてで、観測史上でも2回目。

 

 猛烈な風に加え、数メートルの高潮も予想されている。高潮は、沿岸から内陸へ数キロの範囲まで被害をもたらす恐れがあり、サイクロンや台風、ハリケーンで死者が出る主な要因となっている。

 

 

 

 

 

 

 


リンク:https://news.yahoo.co.jp/articles/e475c3a215f305fd2e75769a4423f7bc8008ae4a

 

 

 

 

 

 


[単語]

 

1.ささげる:まごころや愛情を示して相手に尽くす。自分の持つすべてを惜しみなくある対象につぎこむ。
2.猛烈(もうれつ):勢いが強くはげしいさま。
3.伴う(ともなう):ある物事に付随して別の物事が起こる。
4.転覆(てんぷく):列車・船などがひっくり返ること。
5.水死(すいし):水におぼれて死ぬこと。
6.難航(なんこう): 暴風雨などのために、航行が困難になること。
7.高潮(たかしお):海面が高まる現象のうち、台風や強風などを原因として、通常よりも異常な高さの海面になる事。

 

 

인쇄하기