제목   |  本日、沖縄が梅雨入り 平年より一週間ほど遅く 작성일   |  2019-05-16 조회수   |  66

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、沖縄が梅雨入り 平年より一週間ほど遅く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日16日(木)11時、沖縄気象台は、沖縄地方が梅雨入りしたと見られると発表しました。平年より7日遅く、昨年よりは16日早い梅雨入りで、今月14日(火)の奄美地方に次ぐ発表となります。平年より7日ほど遅く、昨年より16日ほど早い・梅雨入りには平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討の結果、期日が見直しされる場合があります。沖縄では、週明けまでは前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が続きます。日差しが届かなくても気温は高く、最高気温は30℃前後の日が多い予想です。最低気温も25℃前後で熱帯夜となる日も出てきます。夜もむしっとした、不快な暑さとなりそうです。沖縄の平年の梅雨明けは6月下旬頃で、今年の梅雨は5月中から雨のまとまることがあり、6月後半にかけての梅雨の期間の降水量は平年並みか多い予想となっています。雨に対する準備をしっかりと行ってください。この先、九州から東北にかけての地域でも、平年とほぼ同時期の6月上旬から中旬に梅雨入りを迎える予想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00008747-weather-soci

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[単語]

 

 

 

 

 

 


1. 梅雨:5月から7月にかけて毎年めぐって来る曇りや雨の多い期間のこと。
2. 実際:物事の、あるがままのようす。本当の姿。 
3. 天候:比較的短い期間の天気の総合的状態。
4. 経過: 時間が過ぎること。ある時間内の物事の進行・変化のぐあい。
5. 考慮:物事を、いろいろの要素を含めてよく考えること。
6. 検討:よく調べ考えること。種々の面から調べて、良いか悪いかを考えること。
7. 日差し:太陽の光。日光。また、その照り具合。
8. 不快:いやな気持ちになること。不愉快であること。また、そのさま。
9. 降水量: 降水の分量。
10. 迎える:待ち受ける

 

 

 

 

인쇄하기